Technology タイヤ技術の今とクムホタイヤが考える未来のタイヤをご紹介します。Technology タイヤ技術の今とクムホタイヤが考える未来のタイヤをご紹介します。

TOPクムホについて > 技術力について

TECHNOLOGY┃

技術力について

TECHNOLOGY| 技術力について

空気入りのタイヤが誕生したのは1880年代後半になります。それから約130年の間、絶え間ない技術革新を遂げ今日のタイヤがありますが、これからのタイヤは今まで以上のスピードで技術革新を遂げることになるでしょう。タイヤ技術の今と、どこまで進化するのか?
その可能性をクムホタイヤの哲学であるK-MOVEテクノロジーと先端技術がつまった多種多様なタイヤとともに垣間見てみましょう。

クムホタイヤの研究哲学

K-MOVE (Kumho-technology based on Mobility Optimization of Vehicle Environment)

クムホタイヤの哲学は、人々がより自由に安全で効率的な移動ができるようになることです。その方向性としてPERFORMANCE(性能)、ECO-FRIENDLINESS(環境配慮)、INTELLIGENCE(知能)、SENSIBILITY(感性)と大きく4つのテーマに分けています。

クムホタイヤの哲学は、人々がより自由に安全で効率的な移動ができるようになることです。その方向性としてPERFORMANCE(性能)、ECO-FRIENDLINESS(環境配慮)、INTELLIGENCE(知能)、SENSIBILITY(感性)と大きく4つのテーマに分けています。

  • よく走り、よく止まる。
    タイヤに求められる最も重要なパフォーマンス(性能)です。あらゆる気候や路面状況においてもタイヤと路面との接地力を確保し、優れたブレーキング、ハンドリングを可能にするタイヤを開発しています。この性能は安全性にも直結しています。

  • 文明の発展は人を豊かにします。しかし、それによって環境破壊が起これば結局我々の生命の質を落としてしまうことになるかもしれません。クムホタイヤは環境負荷を減らすため、転がり抵抗を極限まで抑えたタイヤやバイオ天然素材を使用したタイヤなどの開発に取り組んでいます。

  • タイヤの基本機能は、「クルマを支える、制動力/駆動力を路面に伝える、路面からの衝撃を緩和させる、進行方向を変える」ですが、将来的には知能的な役割も担うことになるでしょう。路面やタイヤの情報を感知しドライバーに伝えることで最適な状態でより安全に走行出来るはずです。現在はタイヤにチップを内蔵させ製品情報や流通情報が確認できる技術の実用化に成功しています。

  • タイヤは数多くある車部品の中で外観から確認できる数少ない部品の1つです。だからこそタイヤは、高い性能と感性を刺激する高いデザイン性を両立するものでなければならないと考えます。製品の特徴を表現したサイドウォールデザイン、走れば香るアロマタイヤやカラースモークタイヤなどクムホタイヤは独創的なタイヤを開発しています。

現在のタイヤへ

クムホについてクムホについて

× close